2016年07月

2016年07月10日

年齢にあったファッションとは

最近よく悩むのが年齢にあったファッションってなんだろうってことです。
年齢を重ねるにつれて、その人の印象も、もちろん体形も変わってきますよね。
 
オノヨーコさんみたいな個性があれば、いくつになっても胸の谷間もガンガン見せちゃうし、 もう何を着たってオノヨーコなわけですからアリなのでしょう。
 
でも、普通に一般社会で生きる大多数なわたしたちにとってはちょっと違います。
 
子どもから学生になり、社会人となり、妻であったり母であったり、 女性はいろんな役割とともに過ごす環境も変わってきます。そして年齢も。

ずっと好きだったブランドの服が、最近なんだかしっくりこない。
相変わらずそのブランドの服が好きだから、いいなと思って買った服なのに 着てみたら前みたいにウキウキしなくなっている自分。
こんな経験をされた人って、きっとわたし以外にもいるんじゃないかと思うんです。
 
知らず知らずに年はとっていくものですが、好きなテイスト・好みってそんなに 変わっていかないですよね。
 
みんなどうやってその変化を自分の中で受け入れモノにしていっているんだろう、
最近そんなことをよく考えます。
 
これはわたしがわりとかわいい系のファッションが好きってことにも大きく由来するんでしょうね。
 
若いころからシンプル系やナチュラル系が好きって人は、この悩みにあまり引っかかることなく やっていけてる気がします。
 
今年の夏は何を買おう。 そんなことを思いながら、今日も自分のワードローブとにらめっこです。